忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

このサイトは、医師も教えてくれない精神疾患の公的受給方法と融資貸付制度の申請や方法、制度について情報を公開しています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

精神疾患の患者様がいる家庭であれば
年額60~300万円の公的受給が受けられる可能性があるんです。

iryo.jpg






→詳しくはこちらから



現在、各種精神病・統合失調症・うつ病・パニック障害・神経症・強迫性障害等の精神疾患で病院で治療中の方や、そのご家族がおられる場合、本来なら「受給資格を有する」のに、それを知らない方々が多いのが実状です。


また医師でさえ、このような制度があることを知らないことが多いのです。
現在、多くの人達が精神疾患で治療をされています。


・働きたいが、精神疾患・精神障害のために、就労困難である

・精神疾患や精神障害全治の見通しが立たない。

・医療費も経済的に負担になり少しでも軽減したい。

受給資格が有る・ないに関わらず、誰もこの制度について教える人がいないため、申請そのものをしない方が非常に多いといいます。国も病院も患者にこちらがわからなければ何も言ってはくれません。

申請次第では、医療費についても無料~10%の負担ですむ場合もあるのです。

年額約60万円~300万円もの不労所得金額が合法的に受給・及び各種支援制度が認定されたら、どれほど有難いかわかりません。

全国の各都道府県が対応しており、自分の地域で申請書類を提出が出来ます。

詳しくは下記からご覧下さい。
 

精神医療情報ケアセンター
精神疾患の公的受給方法と融資貸付制度はこちらから
 


このサイトは、医師も教えてくれない精神疾患の公的受給方法と融資貸付制度の申請や方法、制度について情報を公開しています。



1日4分 自己催眠トレーニング 脱!!恐怖症プログラム 大滝保

復縁メールカウンセリング 方法

女性 足の臭い解消 足臭コンプレックス解消マニュアル 田口文章
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.1→